読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪使いのつぶやき

日々の様々な出来事や思うことを気ままにつぶやいています

引っ越しします

このブログ、引っ越しすることにしました。

 

引っ越し先は

http://blog.livedoor.jp/moegaku2/

 

使ってみてイマイチだったら、また戻ってくるかもよ。

ということで、ではでは。

夏の甲子園の地方予選始まる

今日から夏の甲子園の地方予選が始まってるね。

 

まだ沖縄と南北海道で始まったばかりだけど、7月になれば全国各都道府県で予選真っ盛りになる。

 

後のないトーナメントだけに今まで以上の真剣勝負になるのが夏の高校野球の醍醐味なんだよね。

 

この話については、もう少ししてから再び取り上げるかもしれない。

ということで、今日はこの辺で・・。

印象に残ってるのはジャイアンと・・

「ドラえもん」ジャイアンの声優、たてかべ和也さん死去 80歳 ヤッターマンのトンズラも… - 産経ニュース 「ドラえもん」ジャイアンの声優、たてかべ和也さん死去 80歳 ヤッターマンのトンズラも… - 産経ニュース

 

 

印象に残ってるのはジャイアンタイムボカンシリーズの悪役トリオの中の巨漢キャラだね。

 

印象の強かったり個性の強い役者さんがこの世を去ると寂しいものがある。生きてる限りはそういう時が来るものだから仕方のないことなんだけどさ。

 

ドラえもんタイムボカンシリーズの悪役で共演した声優さんたちやドラゴンボールの悟空役である野沢雅子さんなどもかなりの高齢だけど、まだまだ元気に頑張ってほしいものだね。

 

故人の冥福をお祈りいたします・・。

 

少年法の見直しに限らず・・

自民 少年法見直しへ本格議論を開始 NHKニュース 自民 少年法見直しへ本格議論を開始 NHKニュース

 

 

選挙権の引き下げに関係なく、少年法の見直しはするべきだと思っている。

未成年による凶悪犯罪が後を絶たない中で、例え少年だろうが死刑や無期懲役による厳罰もありうるという法律に改正しなければ少年犯罪は減らないのではないだろうか。

 

少年法のことはここまでにして、選挙権の引き下げで年齢制限に関する整合性が取れなくなる法律がいろいろ出てくるはずだ。少年法に限らず、そうした法律の見直しはしていくべきだと思う。ただし、改悪になるものはゴメンだが。

 

今までは20歳を越えれば世間一般で大人と見られたけど、それが引き下げられる日は遠くないということになるのかなあ・・。

 

対策をちゃんと考えていたのだろうか?

昨日から始まった2018年ロシアW杯のアジア2次予選、日本は「格下」シンガポール相手に「まさか」のドローだった。

 

「格下」と言ったのはFIFAランキングで日本はアジアで2番目に高い52位、対するシンガポールは152位、ランキングだけなら圧倒的に上回る相手だ。しかも実績も比べものにならないほど日本が上だ。

そんな相手をホームに迎えるとなれば勝って当然と思うのが大方の見方ではないだろうか。それが1点も取れずにドローなんだから「まさか」という表現になってしまうと思う。

 

原因はいろいろ出てくるだろうけど、その前に相手に対する対策をちゃんと考えていたのかという疑問が出てくるのではないだろうか。

相手の立場からすれば、かなりの格上相手にアウェーで戦うとなると不利は避けられない。まともに戦ったら相手にならないことは承知してるだろう。

今後のことを考えると何とか引き分けに持ち込んで勝ち点1を取れれば上出来だと考えるのではないだろうか。点を取れなくても相手に点を与えなければ負けることはない、そのためには守りをガチガチに固めてしまえと考えるのは当然だ。

そうなることを想定した上で対策を考えていたのだろうか?そこまで行き届いてないとしたら、相手のことを甘く見すぎたということではないか。それでは勝って勝ち点3を取れなくても無理はない。

 

まだ予選は始まったばかりだから、そう悲観することはないだろう。

ただ、今回の反省をしっかりと生かしていかないとW杯に出るのは厳しくなってくるだろう。そうならないことを願いたいものだが・・。

基本的に残業否定派

残業しない人に残業代を払う会社:日経ビジネスオンライン 残業しない人に残業代を払う会社:日経ビジネスオンライン

 

 

自分は基本的に残業否定派だ。

 

法令をきちんと遵守する会社なら残業した分だけ割増手当がもらえるから、すればするほど働く方とすれば給料がより多くもらえる。

だが、働く方は給料を多くもらえても、会社側とすれば人件費がその分かさんでしまうわけだから利益の割合は少なくなってしまう。残業すればするほど業績がアップするならまだしも、そうでないのなら人件費が経営を圧迫してしまうことになる。そうなると先々、残業で稼ぐところではなくなってしまう。

そのことが残業を否定する一番の理由だ。

 

長時間働いても短時間働いても同じような成果なら、短い時間で仕事を終わらせる方がいい。浮いた時間を別の有効なことに使えばいいと思う。

短時間で終わらせれば人件費はそれだけ浮くわけだから、会社側とすれば利益の割合が多くなってくるはずだ。その分の利益を働く側に給料アップや福利厚生などで還元できれば、働く方とすればモチベーションもアップすると思う。

ただ、実際にそうならない所が多いから、残業で稼がなければという人が少なくないのだろうな。

 

法律などで強制的に残業代をカットなんてしなくても、残業が減って、その分が働く人の利益になって返ってくるような労働環境になってくれるといいのにね。

これも値上げするのか・・

ソース 25年ぶり値上げ相次ぐ NHKニュース ソース 25年ぶり値上げ相次ぐ NHKニュース

 

 

いろんなものがどんどん値上げされていくなあ・・。

そういえば最近、バナナも値が上がってるみたいなんだよねえ。

 

多くのものの値上げの原因は原材料費の高騰ということらしい。原材料の多くを輸入に頼っている分、円安が進むと費用が上がってしまう。費用の上昇が限度を超えてしまえば、販売価格に転嫁せざるを得なくなるといったところだ。

 

円が急に上がるということは考えにくいし、再び値下げを期待するのは難しいだろう。それどころか、更に値上げされるものが出てくるのではないだろうか。

 

「円安が進めば輸出企業が儲かって景気が良くなる」というのは昭和の話だ。

今は「円安が進めば様々なものが値上がりして消費が伸びない」といったところか。

 

今度は何が値上がりするのだろうか?これ以上の値上がりは勘弁してもらいたいものだが・・。